アロマセラピストの仕事は、精神的にも肉体的にもキツくて辛い?

こんにちは!
アロマセラピスト養成スクールAES代表の遠藤です。

今日は、アロマセラピストの仕事はキツイのか?
という疑問にお答えしたいと思います(^^

まずは精神的な面ですが、人と話すのが辛い人はキツイと思います(笑)
サービス業であり、接客業ですので、基本的にはコミュニケーション能力が求められます。

話すことももちろんですが、聞くことも大事です。

とはいえ、能力的に低いのは、練習したり、場数を踏んだりすれば、鍛えられますのでご安心を。

ただ、話したり聞いたりすることそのものに嫌悪感がある場合は、かなりキツイです。

精神的に参ってしまうので、注意が必要です( ;∀;)

他にも、他人の感情に共感しやすい人もちょっと注意です。

リラクゼーションサロンですので、基本的には、落ち込んだいたり、疲れていたり、マイナスの感情を携えて来店されるお客様が多いです。

その感情に影響を受けすぎて、サロンオーナー自身が落ち込んでしまうこともあります。

共感することは必要なことですが、必要以上に共感しすぎると、しんどくなってしまいますので、こちらも注意が必要です。

そして、肉体的な面ですが、考えられるのは、手・腕・肩・腰・膝に負担が来るかもしれません。

私は腰に来ましたね(笑)

120分立ちっぱなしですし、中腰でアロマトリートメントをしているので、どうしても腰に負担がかかるかなと。

ただもちろん、自分でケアをしていれば肉体的な負担は緩和できます。ストレッチとかもそうですね。

セルフケアでだいぶカバーできる部分です。

アロマセラピストとして独立開業をすると、サラリーマン時代のほうが辛くきつかった気がしますね(^^

肉体的にはそうでもなかったですが、精神的にはサラリーマン時代のほうが100倍くらいキツかったです(笑)

まぁ今ではすごくいい思い出ですが(^^

どんな仕事でもキツイ部分はあるかと思います。

それを許容できるかどうか。また、ある程度自分でケアできるかどうかが大事かなとおもいますね♪

スクール説明会・体験レッスンのお申し込みはこちら
050-5437-7020
お問い合わせはこちら
PAGE TOP