そもそもアロマセラピストという職業の仕事は何なのか?

こんにちは!
アロマセラピスト養成スクールAES代表の遠藤です。

ちょっと哲学的な問いっぽいのですが(笑)、アロマセラピストの仕事について、ちょっと考えてみようと思います(^^

そもそもアロマセラピストという職業の仕事は何なのか?

表向きには、アロマ(精油)を活用して、アロマトリートメントをして、心身の疲れを癒すのが、アロマセラピストの仕事とされています。

しかしながら、「アロマトリートメント=アロマセラピストの仕事」という単純な方程式では、とうてい表現しきれないものがあるかなと思います(^^

まず一つ目は、空間(空気感)を作ること、です。

場というか、空気というか。アロマトリートメントを受けるにふさわしい空間を作ることも、私たちアロマセラピストの仕事だと考えます。

次に、話を聞くこと。

ややもすると、アロマトリートメントより、話をすることが来店目的では?というお客様もいらっしゃいますね。

それくらい大事な仕事です。

最後に、希望を見出すこと。

いろいろなお客様がご来店されますが、いずれにしても「現状に満足していない」方が多くいらっしゃいます。

現状を変えることができる「未来」を提示して、希望を見出すこともアロマセラピストの仕事でもあります。

希望は、人々に生きる力を与えますからね(^^

アロマセラピストという職業の仕事は、ざっと考えただけでも多岐に渡ります。
そしてまた、「これ」といった型にはまったものもないように思います。

ですので、あなたが思い描く「アロマセラピスト」を目指して、邁進してもらいたいなと心から思っています♪

スクール説明会・体験レッスンのお申し込みはこちら
050-5437-7020
お問い合わせはこちら
PAGE TOP